絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS7対応】増補改訂版 大型本 – 2014/1/28
5c49e545c2fc28070ddc95be 5c49e545c2fc28070ddc95be

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS7対応】増補改訂版 大型本 – 2014/1/28

Last 1

3,024 JPY

1,512 JPY

50%OFF

About shipping cost

Reg No. CPB0004 商品レベル 6 (新品 ) 内容紹介 iPhoneアプリ開発を始めるならこの本から! 「プログラミング経験ゼロ」からはじめるiPhoneアプリ開発の入門書。 アプリ開発の基本から、アプリをApp Storeに公開するまでの全手順を丁寧に解説! 絶対に挫折しない学習メソッドで、著者が持つ全ノウハウを完全詳解! 最短ルートでアプリ制作の基本を習得することができます。 きちんと学んで、たくさん作る! それがアプリ開発入門の最短ルート! まだぜんぜん遅くありません! 今日からアプリを作りはじめましょう! アプリ開発入門の定番書! 増補改訂版で最新の【iOS7】に完全対応! Chapter 01 iPhoneアプリ開発の基礎知識 Chapter 02 はじめてのiPhoneアプリ開発 Chapter 03 XcodeとiOSシミュレータの操作方法 Chapter 04 【完全入門】はじめてのObjective-C Chapter 05 Objective-Cによるオブジェクト指向プログラミング入門 Chapter 06 iPhoneアプリ開発の手順 Chapter 07 UIパーツの基本操作―UIKitフレームワークの基本― Chapter 08 実践! iPhoneアプリ開発 初級編―ブラウザアプリ/SNSアプリ/広告アプリ/ペイントアプリ― Chapter 09 iPhoneへのインストールと設定 Chapter 10 実践! iPhoneアプリ開発 機能編―太鼓アプリ/カメラアプリ/水平器アプリ/タスク管理アプリ― Chapter 11 アプリ開発の仕上げ Chapter 12 アプリのリリース Chapter 13 アプリを売るための基本とヒント 出版社からのコメント 本書の目的 本書の目的は、みなさんがプログラミング知識ゼロの地点からスタートして、最短コースを通り、 ゴールとなるアプリの完成にたどり着くまでをサポートすることです。 最近はiPhoneアプリ開発がブームで、たくさんの情報が書籍やブログなどに公開されています。 しかし、その内容の多くはプログラミング経験がある人向けであり、初心者にはハードルの高いものとなっています。 そこで、本書ではプログラミング経験がまったくない人でも読み進められるように「超」基本から説明します。 できるだけ文字に頼らずに図とイラストを使って解説します。 また、取り上げる内容はアプリ開発に必要となる知識だけに絞りました。 「アプリを完成させる」というゴールに向かって一直線に進むことができます。 本書の対象読者 本書の対象読者は「プログラミング経験はまったくないけれど、iPhoneアプリを作ってみたい! 」という人です。 前提となる知識は「Macの基本的な使い方」と「算数」です。 Macを起動してメールを見たり、ウェブサイトを開いたりできれば大丈夫です。 算数に関しても小学校の算数程度の数式しか出てきません。 本書の使用方法 本書では、小さな成果物をたくさん積み重ねていくことで達成感を感じてもらうためにたくさんの実習を用意しています。 そのため、本書をただ読むだけではなく、ぜひ本の横にMacを置いて、 実際にキーボードを叩いて実習を進めてください。 実際に作業を行うことで理解がより深まります。 iPhoneアプリ開発の魅力 iPhoneアプリ開発の魅力の1つは「場所と時間にとらわれずに作ることができる」ということです。 Macさえあれば自宅でアプリ開発をすることができます。 出社前の朝の時間や、休日を利用して自分の好きな時間に開発することができます。 締め切りやノルマがあるわけではないので、自分のペースで進められます。 しかもアプリを売るために営業をする必要はなく、作ったアプリはApp Storeから世界155の国と地域のユーザーに届けられます。 開発者は純粋にユーザーの要望を聞いてアプリを改良することに集中できるのです。 iPhoneアプリはまさしく次世代の働き方を提案しています。 また、アプリ開発の最大の魅力はなんといっても、純粋に、たまらなく「楽しい」ということです。 小学校の授業に図画工作の時間がありました。 アプリ開発も図画工作に似ています。 絵を書いたり、木工工作をしたりしているときに時間を忘れて没頭してしまった経験はないでしょうか。 アプリ開発にも人を没頭させてしまう魔力があります。 この本を通してみなさんにもこの魔力を感じていただけるお手伝いができれば幸いです。 (「はじめに」より)